相続問題などのトラブルは弁護士や税理士の法律マスターが即解決!

裁判

税に関するプロ

会計の業務から税務までの役割

パソコン

税理士の主な業務は税務相談から税務書類の作成、複雑な税務代理など、納税者の要望に応じて代行に関する事務を請け負うのが基本です。税理士事務所には様々な相談が持ち込まれます。例えば税務調査では税務署と納税者の間に入って、話をまとめる作業も必要なケースがあります。納税者にわかりやすく解説して税務所と国民の衝突を防ぎ、関係を円滑に保つことも必要なのです。税理士になるには試験に受かり実務を積まなければなりません。税金の専門家として中小企業から個人の相談まで受けて一般的に事務所規模は、数人から数十人程度です。

広がる税務代理の業務について

税理士は税務業務と会計が主な仕事になりますが業務は多岐にわたります。企業の数字の専門家ともいえる役割も必要です。中小企業などが税理士に対して希望する要望は幅広く扱う金額も大きくなります。場合によっては経営者の資産管理や運用についてのアドバイスを行うこともあります。ほかにも税務訴訟の補佐として、裁判で陳述を行い納税者を支援したりもします。最近では国際税務の業務も増えてきており、語学力はもちろん、他国の税制も把握しないといけません。こうしたことから税理士の需要は大きく収入も高額です。企業などに勤務すれば定年がありますが税理士には定年がありません。年齢に関係なく活躍することができるのも税理士の大きな魅力です。税理士資格を持っていることは社会的にも信用度が高く就職など高く評価されますし人生に有利に働きます。