相続問題などのトラブルは弁護士や税理士の法律マスターが即解決!

裁判

事務所によって違う

女性

現在、税理士報酬は完全に自由化されていますので、事務所によって料金がマチマチになっています。ですので、少しでもお得に税理士を利用したいと考えているのであれば、複数の事務所の料金を比較してみる必要があります。ほとんどの税理士事務所がホームページ上で料金表を公開していますので、それを調べてみれば比較的簡単に料金設定を知ることができます。また、税理士事務所の一括見積もりサービスもありますので、それを利用してみるというのも一つの方法です。ただし、料金が安いか高いかだけで利用する税理士を決めるわけにはいきません。料金情報を元にしてある程度良さそうな事務所を絞り込むことができたなら、無料相談などを利用して実際に事務所の様子を見てくるようにするのが望ましいです。

税理士のサービスを利用する際にかかる費用は、どのような目的で利用するのか、また、単発の利用なのか継続的な利用なのかなどによって変わってきます。会社経営者が日常的に税理士のサポートを受けたいと考えているのであれば、顧問契約を結ぶようにするのがよいでしょう。顧問契約を結ぶと高額の料金を取られてしまうのではないかと心配する経営者もいますが、資本金の額に応じて月額利用料が決められているケースが多いです。一般的な中小企業が税理士と顧問契約を結ぶような場合であれば、月額3〜5万円前後が相場料金になっています。この金額を高いと思うか安いと思うかは人それぞれですが、顧問契約を結んでおけば困ったことが起きた時にすぐに対応してもらうことができるので、とても便利です。